ビジネス

小学生くらいの言葉がお客さんの心をつかむ

2018年6月2日

記事を作成している時に

色んな人が見ているから立派な言葉を使わなければいけないと考えてはいけないと考えてはいないだろうか?

四字熟語とか探したりあなたが普段使わないような言葉を辞典で探したりとか

 

ついやってしまいがちではないだろうか?

実は難しい言葉を多くつかっちゃうと逆効果であなたのブログを見てくれているお客さんは離れていきやすくなる

だから言葉は小学生くらいの言葉で十分なんだ

小さい子供でも欲しいと思うような内容がベスト

今まで難しい言葉をあえてチョイスして記事に含めていかにも!
といったかっこいい記事にしていて閲覧数やアフィリエイトサイトのクリック数に伸び悩みがある時は

 

小学生くらいの言葉を意識して作成してはどうだろうか

 

そういえば高校の時に実習のレポートを提出して口頭試問を受けた時に先生が

「幼稚園児でも分かるように説明ができるようになってこい」

と言われた

その当時はこんな一般の人が受けないような授業のレポート誰も興味ないし幼稚園児に説明しても意味がないだろう

と思っていたがまさかこんな所で先生の言葉がフラッシュバックするとは思わなかった

あの時の言葉はここに通じていたんだね

先生あの時はありがとう(笑)

-ビジネス

Copyright© 麻生正人の公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.